シンポジウム 松代藩真田家の歴史とアーカイブズⅢ 開催のおしらせ

2019年2月23日(土) 真田宝物館

シンポジウム 松代藩真田家の歴史とアーカイブズⅢ

真田家文書を収蔵する、国文学研究資料館の基幹研究「アーカイブズと地域持続に関する研究」により、松代藩真田家の資料を題材に、最新の研究成果を報告します。
日時:2019年2月23日(土)午後1時30分~午後4時30分
会場:長野市役所松代支所2階大会議室
内容:第1報告 菅原 一さん(一橋大学大学院博士後期課程)
        「豪農の結婚と縁戚-松代藩士のルーツ探しに関連させて-」
   第2報告 荒木仁朗さん(国文学研究資料館機関研究員)
        「江戸時代の金銀引替と松代地域」
   第3報告 福士沙織さん(茨城大学大学院博士前期課程)
        小荒井 衛さん(茨城大学教授)
        「善光寺地震での城郭・城下町被害と地形―松代・飯山の例」

入場は無料で、お申し込みは不要です。直接会場にお越しください。
会場は、駐車場がほとんどありません。真田宝物館駐車場をご利用の上、徒歩で会場までお越しいただくか(徒歩7分)、公共交通機関をご利用ください。

シンポジウムチラシはこちら