散策コース

散策コース

施設に常駐のボランティアガイドさんたちに歴史の話、裏話を聞くのも楽しみ。
小さなおもてなしもうれしいですね。

  • ルート
  • マップ

  • 見学時間 30分

    真田宝物館

    真田氏から譲り受けた大名道具はおよそ5万点におよびます。これらを年4回の展示替えで順次公開。行くたびに違う展示資料に出会えるのも、楽しみのひとつです。武具や道具類だけでなく、文書や絵巻物も必見です。

    吉光の御腰物箪笥の引き出しにしまわれていた家宝のひとつ

    真田家代々の重要文書を収めた吉光の御腰物箪笥の引き出しにしまわれていた家宝のひとつ。松代城の花の丸御殿が火事で焼けた後、地中から掘り出されました。

    青江の大太刀

    重要文化財「青江の大太刀」。展示は毎年春頃です。

    宝物館の展示図録や、松代を紹介した概説書など

    宝物館の展示図録や、松代を紹介した概説書などは、資料としてだけでなく、読み物としても楽しむことができます。

  • 見学時間 30分

    真田邸

    この屋敷が「真田邸」と呼ばれるようになったのは明治以降、真田家の私邸となってから。建築時は「新御殿」と呼ばれていました。実際に貞松院(真田幸良夫人)がここで暮らした期間は1年に満たず、幕府の施策によって再び江戸暮らしが義務づけられたのでした。

    屋根の瓦にも真田氏の家紋「六文銭」

    屋根の瓦にも真田氏の家紋「六連銭」があしらわれています。真田家の家紋は3種類存在します。真田宝物館で3種類の家紋を見ることができます。

    奥の部屋

    貞松院や隠居後の幸教が過ごした奥の部屋の様子。模様入りの華やかな内装が特色です。

    書院造り

    細くてきゃしゃな柱は書院造りの特徴。他の武家屋敷のたたずまいと比較してみましょう。

  • 3

    旧樋口家住宅

    まちづくりセンターの機能も兼ね、無料で展示公開しています。地域にちなんだ写真や絵の展示、コンサート、体験講座などを行っているので、散策の合間にお楽しみください。

    復元された屋根の美しさは必見

    上級武士の屋敷とはいえ、殿様ではないので、主屋は萱葺き屋根でした。復元された屋根の美しさは必見です。

    四季折々の彩りが楽しみな庭園

    四季折々の彩りが楽しみな庭園。かつては菜園としての機能も併せ持ち、、自分たちの食料をまかなっていました。

  • 見学時間 20分
    4

    文武学校

    優れた儒学者、研究者を輩出した松代藩ですが、幕末近くに建てられたこの藩校には、儒学の祖・孔子を祀る「孔子廟」がなく、学ぶ場所だけが設けられています。武士道精神に基づき、身分によって入退場の玄関も、座る場所も、厳格に区別されていました。

    屋根の瓦にも真田氏の家紋「六文銭」

    正面入口が3つ?身分によって使う玄関が定められていました。殿様専用、役人用、子どもや藩士用…さて、どこが誰の入口でしょうか?

    奥の部屋

    見所(けんじょ)は、稽古の見学や師範など身分の高い人が座る場所でした。一番高い所に座れたのは殿様だけでした。

    書院造り

    この太い梁や、しっかりとした小屋組みが激しい稽古と数百年の歳月を支えてきたのです。

  • 5

    旧白井家表門

    門だけがこの地に移築され、一帯の歴史的景観づくりに一役買っている旧白井家表門。この中に無料休憩所があり、ボランティアの湯茶接待を受けることができます。
    地域の歴史や地理に詳しい方々なので、会話する楽しみもひとしおです。ぜひ交流をお楽しみください。

    火除け地

    この広さがまさに広小路。火事の際、藩の役所機能のある中心部やお城への類焼を防ぐ火除け地として、あえて広く設けられたといわれます。

    文化財ボランティア

    文化財ボランティアが湯茶や、手作りの漬物などでもてなしてくれます。

  • 6

    松代城跡

    城郭研究の視点で松代城を見ると、戦国時代に一般的だった山城から、城下町の統治に主眼を置いた平城へ、日本の城が変化を遂げる様子が見てとれる名城なのだそうです。
    石垣や櫓台の上から城下町や、川中島合戦の舞台を見晴らすと、城跡の位置や高度がつかめ、「なるほど」という気分になります。

    戌亥の櫓台

    戌亥の櫓台から北東を望みます。戦国の世から現代へ、歴史に思いをはせるひとときです。

    太鼓門前橋も太鼓門

    太鼓門前橋も太鼓門も、復元にあたっては国産材を用い、江戸後期の工法を踏襲しました。

ルート&コースマップ…コースのおさらい

真田宝物館(約2分)真田邸(約3分)旧樋口家住宅(約2分)文武学校(約1分)旧白井家表門(約5分)松代城跡(約3分)真田宝物館

※時間は徒歩の目安です
※各立ち寄りスポットの開館時間、休館日、入館料など詳細はこちら