松代藩真田家前史

 

真田氏の祖は東信濃の古くからの豪族海野氏であったといわれています。1400(応永7)年の大塔(おうとう)合戦で、信濃守護の小笠原氏に対抗して 戦った東北信の連合諸将の中に、実田(さねだ・さなだ)氏の名がみえることから、室町時代中期頃には後の真田氏に通じる土豪がいたと思われます。現在の上 田市真田町地域を本拠地として、中世から勢力を広げていた土豪です。

江戸時代に書かれた歴史書である『真武内伝』によれば、1541(天文10)年の武田・村上・諏訪三氏の連合軍と、東信の名族海野(うんの)氏との対戦 の時、海野勢にあったのが真田幸隆(幸綱とも)とされています。この戦いは海野勢の敗北となり、幸隆は上州へ逃れます。しかし、遅くとも1549(天文 18)年頃までには武田信玄に仕えることとなり、「信州先方(さきがた)衆」として武田勢の先兵または参謀として活躍します。特に東北信地方の大半が武田 氏の手中に落ちたのは、幸隆に負う所が大きかったといわれています。

幸隆の長男・信綱(のぶつな)、次男・昌輝(まさてる)は長篠の戦いで共に討死にしました。そのため、三男・昌幸(まさゆき)が真田家を継ぎ、その子信 之、信繁(幸村)らと共に、武田・上杉・北条・豊臣・徳川ら強豪の中で、時には従い、時には対峙し、遂には上田城を築いて東信濃随一の武将に成長しまし た。

昌幸父子は築城したばかりの上田城で、徳川方の大軍を2度にわたって撃退し、武門真田の名を天下に知らしめました。しかし、関ヶ原の戦いは徳川方の勝利 に終わり、昌幸・信繁は高野山に幽閉されます。昌幸はここで没し、信繁は豊臣方に味方して大坂城に入り、冬の陣・夏の陣において戦い、討ち死にしました。

信之は父・弟と別れて徳川方につき、その功によって父・昌幸が築いた上田城とその領地を継ぐことを許されました。1622(元和8)年には松代に転封と なり、松代10万石、沼田3万石を与えられました。後、信之の長男・信吉に沼田領を、次男・信政に松代領を継がせたことで、真田家は2家に分かれます。 後、沼田の真田家は4代で改易となりますが、松代の真田家は、廃藩に至るまでの250年間、10代の藩主が北信濃四郡を支配しました。

真田氏系図

松代移封以前の真田氏

真田幸隆(1513-1574)

真田幸隆(1513-1574)

 江戸時代に書かれた系譜によれば、幸隆は1513(永正10)年に海野氏の一族として生まれました。1541(天文10)年海野平(うんのだいら)にお いて海野一族の一人として武田信玄との戦いに参加し、これに敗れると、真田の地から上野国(現・群馬県)へ亡命したといわれています。遅くとも 1549(天文18)年頃までには武田信玄の家臣となっています。幸隆は信玄に重用され、「信州先方(さきがた)衆」の旗頭として、東北信地方の上田原・ 戸石・塩田城・川中島と続く合戦に、常に武田勢の第一線で参戦したといわれています。川中島の戦いの後、さらに北上州へも転戦し、諸城を攻略し吾妻郡の支 配をまかされることとなります。
 幸隆は、武田信玄が亡くなった翌年、1574(天正2)年5月、62歳で世を去りました。

真田昌幸(1547-1611)

真田昌幸(1547-1611)

 1547(天文16)年、真田幸隆の三男として生まれました。若い時から、武田信玄の側近として仕え、武田家ゆかりの武藤姓を与えられ、武藤喜兵衛と名 乗っていました。1575(天正3)年長篠の戦いで、信綱・昌輝2人の兄が討死したため、真田家を相続しました。1580(天正8)年には上野国沼田城を 攻略し、北上州一帯をその勢力下におくようになりました。1582(天正10)年3月、武田氏が滅亡すると、その旧領は織田信長の支配となります。しか し、同年6月信長が本能寺の変により倒れたことから、信濃は徳川・上杉・北条等諸大名の争奪の場となりました。この間昌幸はよく真田家を守り、上田を中心 に小県地方を統一し、1583(天正11)年には上田城を築城しました。その後、神川合戦で徳川勢を敗退させ、1585(天正13)年豊臣秀吉に接近しま す。1600(慶長5)年関ヶ原の戦いには、次男信繁(幸村)と共に豊臣方に属し、上田城にあって徳川秀忠軍の西上を阻止しています。そのため秀忠の軍は 関ヶ原の戦いに間にあいませんでした。
 昌幸父子の奮闘にもかかわらず、関ヶ原の戦いは徳川方の勝利に終わりました。長男・信之が徳川方に属した功と助命嘆願により、昌幸は高野山麓に配流さ れ、所領であった上田領は信之に与えられました。二度も徳川の大軍を破った智勇の将は、1611(慶長16)年6月4日、高野山麓の九度山で65歳の生涯 を閉じました。

真田信繁(幸村)(1567~1615)

真田信繁(幸村)(1567~1615)

 信繁は昌幸の次男で、1567(永禄10)年に生まれ、幼名を御弁丸また源次郎といいました。1585(天正13)年上杉景勝の人質となって、越後国春日山城に入り、同15年には豊臣秀吉の人質となって大坂城に赴いたとされています。
 関ヶ原の戦い後、父・昌幸とともに高野山麓に流されます。大坂の陣の際には高野山を出て、豊臣方の武将として奮戦しますが、1615(慶長20)年5月7日、大坂夏の陣にて討死しました。
 幸村という名は『難波戦記』など、後世の軍記物や講談本のみに書かれているもので、信繁死後の架空の名称と考えられています。また幸村の家臣であり「真 田十勇士」と呼ばれる海野六郎(うんのろくろう)、根津甚八(ねずじんぱち)、穴山小助(あなやまこすけ)、由利鎌之助(ゆりかまのすけ)、三好清海入道 (みよしせいかいにゅうどう)、三好為三(いさ)入道,猿飛佐助(さるとびさすけ)、霧隠才蔵(きりがくれさいぞう)、筧十蔵(かけいじゅうぞう)、望月 六郎(もちづきろくろう)などはすべて江戸時代以降の読物の中で創作され、明治時代に入ってから『立川文庫』などで広く知られるようになった、架空の人物 です。

松代藩真田氏十代

 徳川家康の天下平定により、豊臣方についた昌幸・信繁父子は高野山麓の九度山に配流され、二度と故郷の土を踏むことはありませんでした。
 徳川の臣下となっていた真田信之は家康から父の所領を受け継ぎ、上田を居城としますが、1622(元和8)年、松代への移封を命じられます。こうして真田氏による松代藩の治世が始まりました。
 信之をはじめ歴代の藩主は、町づくりや産業振興に力を尽くす一方、質素倹約を励行するとともに文武を奨励しました。廃藩・廃城となる明治維新まで10代250年にわたり藩を治め、風情と落ち着きのある現在の城下町・松代の礎を築きました。

松代藩真田家初代藩主 真田信之(1566~1658)

真田幸隆(1513-1574)

 1566(永禄9)年に昌幸の長男として生まれ、早くから父と共に上信両国に出陣していました。1590(天正18)年から沼田城主として11年間、 1600(慶長5)年から上田城主として23年間、1622(元和8)年から松代藩主として35年間務め、近世大名としての基礎を固めました。
 信之は、慶長5年の関ヶ原の戦いにおいて、父・昌幸と弟・信繁(幸村)と袂(たもと)を分って徳川方にくみし、以降徳川幕府の大名として沼田藩3万石お よび松代藩10万石の藩主の地位を築きました。1656(明暦2)年に次男・信政に家督を譲り、松代城下郊外の柴に隠居、1658(万治元)年93歳で没 しました。
 夫人は本多忠勝の娘で徳川家康の養女であった大蓮院(小松姫)です。
 墓と御霊屋が、松代町長国寺と隠居所であった柴・大鋒寺にあり、長国寺の御霊屋は重要文化財に指定されています。また、松代藩の藩祖として、松代町白鳥神社に武靖大明神の神号で祀られています。

二代藩主 真田信政(1597~1658)

二代藩主 真田信政(1597~1658)

 1597(慶長2)年、初代藩主・信之の次男として上野国(群馬県)沼田城に生まれました。1600(慶長5)年関ヶ原の戦いに際して、信政は僅か4歳 で徳川家康のもとへ人質として遣わされました。この時、家康より藤四郎吉光の短刀を拝領し、真田家では重代の家宝として伝え、現在も当館に収蔵されていま す。1614(慶長19)年大坂冬の陣、翌年の夏の陣に、兄・信吉と共に、父の名代として出陣しています。1639(寛永16)年沼田藩主であった兄・信 吉が死去したために沼田藩主となりましたが、1656(明暦2)年父・信之の隠居により松代藩二代藩主に就任しました。
 信政は1658(明暦4)年2月、父に先立ち62歳で没しました。墓は松代町長国寺にあります。御霊屋も長国寺に建てられましたが移築され、現在は松代町・清野の林正寺にあります。

三代藩主 真田幸道(1657~1727)

三代藩主 真田幸道(1657~1727)

 1657(明暦3)年二代藩主・信政の六男として生まれ、翌万治元年2歳で家督を継いで三代藩主となりました。
この頃松代藩は、江戸幕府の有力大名として、様々な課役に従事しています。江戸城・日光東照宮の普請手伝、越後高田領・信濃高遠領の検地、信濃国絵図の調 製、善光寺の再建普請、富士山噴火の災害復旧手伝、朝鮮使節饗応、松本城請取り等相次ぐ課役に多額の藩費が投ぜられました。さらに1717(享保2)年、 二度にわたって城下町を焼き尽した大火に城も全焼し、初代・信之時代には36万両ともいわれる富裕を誇った藩財政は次第に困窮していきました。
 幸道は藩主として70年間務め、1727(享保12)年71歳で没しました。